すぐ転職する人は良い印象は受けません

入社してすぐ転職する人をどう思うかと言えば、最初に思いつくのは忍耐力のない人だなと思います。

社会に出るということは多かれ少なかれ、理想と現実が異なることは良くあることですし、右も左も分からない若者を社会に出てもまれることで強く鍛えてくれるのだと思います。

しかし、最近は世の中が便利になりすぎてしまったため我慢という事を覚える機会が少ない環境で育ってきた人が多いのではないでしょうか。その結果、理想と現実のギャップに耐えられなかったり、人間関係が上手くいかなかったという理由で転職をする人も少なからずいるでしょう。

このような人が転職をしても、その転職先でもおそらく上手くいく可能性は低いと思います。少なくとも新卒で入社した会社は3年は頑張ってほしいと思います。そうすることによって、事態は改善され良い方向に行くことも多いですし、大変だったけど頑張ってきたという自信につながります。

次にすぐ転職する人に思うことは、分析力がない人なのかなと思います。自分はどのような会社でどのような仕事をしたいのかというビジョンを明確に持っていれば、入社しようと思う会社を徹底調査するはずですし、自分の大学のOBやOGがいれば直接お話をうかがうこともでき、入社後の社会人としての生活がイメージできるはずです。

そのイメージ力が欠けていることもさながら分析力もかけていることから、この会社ではなかったと転職をするのでしょう。

いずれにしても、入社3年以内で転職する人は良い印象を受けません。