モチベーションがゼロになったとき会社を辞める

 私が「会社を辞めたいなあ」と思う瞬間は、その会社でしている仕事に対するモチベーションがゼロになってしまったときです。

 会社で働くということは、まず働こうというモチベーションがあってこそ、働き続けることができると私は思っています。たとえ、どんなにその仕事に対する優れたスキルを持っていたり、その仕事が好待遇の仕事であったり、楽な仕事であったりしたとしても、その仕事をしようというモチベーションがなくなれば、会社を辞めるべきだと私は思います。

 そして、それはどんなことが原因でなるのかというと、それはやはり会社の人間関係や、会社の自分に対する扱いについてです。

 たとえば、会社の上司がまったく部下のことを考えず無理難題のような指示を出してきたり、どれだけ働いても賃金アップを会社がしなかったり、信頼していていた同僚に仕事で裏切られてしまったりなどしたときは、その仕事に対するモチベーションがガクッと下がってしまうため、私はそれを理由に会社を辞めたいと思うときがあります。

 もしかしたら、それは私の精神力が弱く、仕事に対してナイーブになり過ぎているのかもしれません。しかし、そういった先天的な性格というのは、そう簡単に変えられるものではなく、仕方がないことだと私は思います。

 会社は、簡単に辞めてしまうよりは長く勤め上げたほうが良いことは重々承知しています。ですがそれでもモチベーションがゼロになったとき、私は迷いなく会社を辞めます。

すぐ転職する人は良い印象は受けません

入社してすぐ転職する人をどう思うかと言えば、最初に思いつくのは忍耐力のない人だなと思います。

社会に出るということは多かれ少なかれ、理想と現実が異なることは良くあることですし、右も左も分からない若者を社会に出てもまれることで強く鍛えてくれるのだと思います。

しかし、最近は世の中が便利になりすぎてしまったため我慢という事を覚える機会が少ない環境で育ってきた人が多いのではないでしょうか。その結果、理想と現実のギャップに耐えられなかったり、人間関係が上手くいかなかったという理由で転職をする人も少なからずいるでしょう。

このような人が転職をしても、その転職先でもおそらく上手くいく可能性は低いと思います。少なくとも新卒で入社した会社は3年は頑張ってほしいと思います。そうすることによって、事態は改善され良い方向に行くことも多いですし、大変だったけど頑張ってきたという自信につながります。

次にすぐ転職する人に思うことは、分析力がない人なのかなと思います。自分はどのような会社でどのような仕事をしたいのかというビジョンを明確に持っていれば、入社しようと思う会社を徹底調査するはずですし、自分の大学のOBやOGがいれば直接お話をうかがうこともでき、入社後の社会人としての生活がイメージできるはずです。

そのイメージ力が欠けていることもさながら分析力もかけていることから、この会社ではなかったと転職をするのでしょう。

いずれにしても、入社3年以内で転職する人は良い印象を受けません。

短期アルバイトなら派遣登録したほうがベストです

私は学生時代、短期と長期アルバイトの両方を経験しました。短期アルバイトについての考えを挙げていきたいと思います。

まず第一にきつくてもがんばれることです。長期アルバイトでは毎日グッタリ疲れてるわけにはいきませんが、短期アルバイトであれば、期間が決まっているので「この期間限定でがんばれば、こんなきつい仕事からは解放される!」という思いで働くことができます。

第二に珍しい光景が見られます。私自身は派遣に登録して単発の仕事をすることが多かったのですが、たとえば閉店後に検品するので、いつも行くお店の誰もいない様子を見ることが出来たり、いろんな職種の普段見ることのない職場風景を垣間見られるのがいいところです。

他にも球場のアルバイトなら、みんなが入る前に一番乗りで球場内の様子が見られて面白いですね。

第三にイベントに携わることが多いことです。私は登録していた派遣会社から、たびたびイベントスタッフとして出勤していました。

年に1度の球技大会や、数年に1度あるかないかの大イベントにスタッフとして参加できるのは光栄であり、今思い出しても感慨深いものがあります。

第四に給料が比較的高額なことです。短期だからかどうかはわかりませんが、時給換算すれば長期アルバイトよりも高くなることが多いし、交通費は全額支給していただけることがほとんどでした。

就職活動の時期にアルバイトを探すとなると、長期で雇ってもらえるところはおそらくゼロですし、結果的に短期アルバイトのほうが時間的にも金銭的にも良かったと思います。

短期アルバイトを探すのであればバイト求人情報誌ではなく、人材派遣会社に登録することをおすすめします。

理由としては高時給の求人案件が多いのと、福利厚生やスキルアップ制度も充実しているからですね。

ただし、中にはブラック派遣と呼ばれるぐらい過酷な労働環境の派遣先ばかりな会社もあるので事前に人材派遣会社おすすめ.comさんで信頼度が高くて安心して働くことが出来る派遣会社を探してみましょう。

ブラック企業はいつか会社自体が滅びると思う

良い仕事とは、そこに働く人たちが活き活きと輝きながら努力した時の成果が、目に見えるものとして形になったものを指すのだろうと思います。

不当に過酷な労働を強いても、人間の気力が追いつかなければ、良い結果(仕事や業績)は生まれません。

その結果、ブラック企業は、いつか必ず滅びる日がくるだろうと思います。

具体例を言ってしまえば、親戚が家作りを依頼した某ハウスメーカーは、営業・設計・現場監督すべてが職業的スキルに疑問を覚えてしまうような企業でした。

素人に「あなたそんなことも知らないで設計やっているの?監督やっているの?」と、言われてしまうほど、知識不足でやる気の見えない若手社員が多かったそうです。

建築中にあまりにも酷い施工トラブルが続いたため、その親戚に頼まれて、私が担当者やその上司との話し合いの場に立ち会うことになったのですが、上司の話を聞いて、何故、この現場にトラブルが絶えないのかがようやく分かりました。

例えば、現場監督に至っては、親戚宅以外にも20件以上の案件を一人で抱えているというのです。

一週間は7日です。そして現場は、要所要所に施工確認をしなければならない段階があります。

着工日が異なるため、どの現場も進捗状況はバラバラです。

監督は、これらの現場を一人で抱えて、スケジュールすらまともに追いかけられない状況となり、結果、現場の職人任せになってしまうのも無理はないだろうと思われました。

こういった中で必然的に起きてしまうトラブルの数々が監督自身に跳ね返ってくるのですが、現場を把握できていないため、その対処すらままならないといった雰囲気でした。

常識を超えた一人当たりの仕事量の多さ、これが災いして現場が混乱し、働くスタッフたちのモチベーションも下がってしまっては、当然よいものなど作れるわけがありません。

そうした結果が口コミで広がってゆけば、そのハウスメーカーは、多くの施主が候補から外してしまうことでしょう。

こうやってブラック企業は駄目になってゆくのだと思います。

ブラック企業は、いつか潰れる・・・良い仕事をさせて業績を伸ばしたければ、社員が前向きな心の余裕を持てるくらいの環境を用意してやらなければ駄目だと思うのです。

派遣スタッフとしてマンション建設現場への搬入作業で働いていました

私は以前派遣業務に登録していたことがあり、なんどかお仕事でお世話になりました。

その派遣会社で最もきつい仕事だったと記憶しているのが、マンション建設現場で資材を搬入する仕事でした。マンションの内装の壁には、プラスターボードともよばれる石膏ボードをはめ込むのです。

これは断熱であるとか防音の効果が優れているということで、マンション建設の際には必ずと言っていいほど使われている素材です。

この資材搬入作業がかなり骨の折れる作業でした。自分の背丈ほどもある石膏ボードは、一枚あたり10キロほどもあるようで、これを3~4枚、いっぺんに外から室内へ運び込むことになります。

時には一階からエレベーターで上階へあがり、何度も指定された室内へ運びこむということもありました。中でも最もきついのは、30~40キロもある石膏ボードを担ぎながら、階段を登って上階へ運ぶというパターンです。

これは気をつけないと、石膏ボードを落としてしまうことにもなり、大変危険な作業となっていました。

気をつける点は他にもあって、すでに石膏ボードがはめ込まれている部屋に搬入する際には、室内の壁面にぶつけないよう、角度を調整しながら進んでいくことです。

ボードは石膏でできているので、衝撃には弱いことで、ちょっとぶつかっただけで傷がついてしまうことがあります。さらに壁紙がすでに張られている部屋に搬入するなどは、もっと大変です。

壁紙を傷つけたら、壁紙業者は貼り直さなければならないからです。そういったきつい仕事をこなしていた時期がありました。

未経験者OKでなんでも良いと特別な仕事の希望を出さなかったのですが、こんなにキツイ仕事がまわされるのであればあらかじめ派遣登録会で志望動機をきちんと話しておけば良かったです。。。

派遣登録で志望動機はどうする?

こちらの記事に書いてあるように面談時に派遣コーディネーターに対してもっとしっかりと条件などを伝えておくべきでした。とりあえず時給が高くてお金になるようならなんでもいいやってぐらいの軽い気持ちが間違いだったことをいま悔やんでいます。